ビズパワーズが選ばれる理由

当社のコンサルティングや研修はすべて代表の柳瀬智雄が誠意を持って対応します。

柳瀬の個性と実践経験に基づく独自スキルの組み合わせが、多くの顧客に支持される、他社にない当社の強みです。

柳瀬智雄の略歴はこちら

ビズパワーズに対する評価

北居 明 様

大阪府立大学 経済学部教授(2014年1月当時)
北居 明 様

「強い組織」を生むための手法として、『ビタミンデイズ』とビズパワーズの取組みに大いに期待しています。

私は組織変革の手法として世界中で実践されているアプリシエイティブ・インクワイアリー(AI)について研究を行っています。2011年にビズパワーズの噂を聞き、体験講座に参加したことをきっかけに、現在同社が某企業で継続的に実施している組織活性化ワークショップ『ビタミンデイズ』について、研究対象として実地調査や参加者アンケート(意識調査)を行っています。

ビズパワーズの柳瀬智雄氏が行う『ビタミンデイズ』はAIの持つコミュニケーション改善効果とビジョン共有効果を巧みに活用しながら、同氏の持つ経営コンサルタントとしての知識と経験をフルに活用した大変ユニークな経営支援の手法だと感じています。「研修」と「会議」が融合したようなビタミンデイズの現場はポジティブな空気に包まれ、参加者はたくさんの気づきと仕事への高い貢献意欲を得ており、実際にその高い効果をクライアント企業からも聞いています。

経営環境が激変する中で、従業員が高いモチベーションとチームワークを持って仕事に取り組む「強い組織」を生むための手法として、この『ビタミンデイズ』とビズパワーズの取組みに大いに期待しています。

赤塚 一 様

株式会社 資生堂
SN改革部
赤塚 一 様

「組織活性化研修ビタミンデイズ」への私の感想と期待

私は資生堂の国内生産工場の研修を担当しており、その中で組織力をアップするための研修を柳瀬さんにお願いしました。

柳瀬さんとは、前職である労働組合の役員の時に、同じく組合役員をしていた仲間を通じて知り合い、その研修の組み立て(考え)や進め方も然ることながら、最も魅かれたのが柳瀬さんの「研修を通じて人や企業・社会と未来に役立ちたい」との強い信念とご自身から伝わってくる気概でした。

研修では今回に限らず、いくつもの不思議を感じることになりました。

  1. 1.心地よい声と語りで、妙に腹落ちする講義
  2. 2.誰もが真剣に話会うことを楽しんいる参加者
  3. 3.参加者からいつの間にか自分たちの「めざす姿」が生まれる
  4. 4.そのめざす姿が、自然に経営の方針と重なる(方針が自分(たち)事になる)
  5. 5.研修後に参加者からを感じる変化の兆し(コミュニケーション・協働の意欲)

ここまで書くと、読まれた方は「本当かよ?!」「ちょうちん記事だろう」と感じられることを気にしながらも、毎回、感じる本当のことなので、これは是非とも素直に受け取っていただきたいと思います。

どうしてそのようになるのかと、興味津々と柳瀬さんや参加者を観察してきましたので、もっと詳しくお伝えしたいのですが、とても私の稚拙な文章力では無理なので、直接お話しさせていただくか、研修を開催して自ら体感していただきたいと思います。
柳瀬さんの研修は、参加者の心を動かす研修です。
難しい課題や環境ほど、目に見えない効果(課題の本質への手応え)となって表れます。

できれば、「ビズパワーズサミット」を開催し、さまざまな立場を越えて、ビタミンデイズや柳瀬さんを通じて感じたことを話し合い、進化することができたら「人の可能性から未来つくる」ことにつながるのではないかと期待しています。(2018年10月)

宮島 徹雄 様

辻調グループ
コミュニケーション本部
本部長(2014年当時)
宮島 徹雄 様

組織を活性化したい、組織の目指すべき方向を言語化したいとお思いの経営者の方、リーダーの方はビタミンデイズの導入をオススメいたします。

私達と柳瀬氏とのお付き合いの始まりはFacebook上に出ていた有料(結構いい価格(笑))セミナーを見て、面白いなと思い複数のマネジャーと参加したのがきっかけでした。 セミナーを受け、非常に面白いと感じ、柳瀬氏に現状の組織の悩みを相談し、ビタミンデイズを受けるにいたりました。単発では効果が継続しないと思い、都合2年半、コミュニケーション本部のメンバーと外部のパートナー合わせて約90名とで組織活性化に取り組みました。

まず、最初に組織として目指すべき姿(組織のミッションステートメント)を2日間かけて決めました。その後、ビタミンデイズを継続することによって、組織、メンバーが活性化し、業績も上がっていきました。結果、メンバー自らが、徐々にですが、動けるようになってきています。

組織のミッションステートメントを決めることで、組織の方向性が定まることが、組織のリーダーとしては一番望むべき姿だと思います。組織を活性化したい、組織の目指すべき方向を言語化したいとお思いの経営者の方、リーダーの方はビタミンデイズの導入をオススメいたします。やらされ感なく、メンバー自らが動く姿を見ることが出来ると思います。

矢賀 亘 様

株式会社 オーサカステンレス
代表取締役
矢賀 亘 様

研修で得た気づきを各々が大切にし、様々な問題に取り組む強さを与えて頂いたと実感しています。

柳瀬先生に出会う直前の弊社は、明確な方針を持たずして若手や外国人などの増員を積極的に行っており、その結果社員それぞれの向いている方向がバラバラになってしまい、様々な価値観や考えが衝突し、急速に社内の空気が悪くなっていました。

次々と問題が起き、どうしていいか分からず頭を抱えていた時に、当時私が通っていた経営塾の講義で柳瀬先生が登壇され、ワールドカフェを用いたワークで、参加者全員が自由に意見を述べ合い、そこで出た様々な意見をまとめあげ、皆が胎落ちする経営塾の運営理念が出来上がるプロセスを経験し、直感でこれだ!と思いすぐに柳瀬先生に相談しました。

そこから全社研修を企画頂き、「最高の職場」をテーマにビタミンデイズを実施しました。先生が作り上げるオープンでポジティブな場で、各々が想いを伝え、お互いにじっくり耳と心を傾けて聴く中で、それまで違う方向を向いていると思っていた社員同士が、実は同じ方向を見ていた、同じ事を感じていたということを1日のワークを通じて共有し、1日の最後に弊社のこれから大切する価値観が生まれました。そして何よりも一緒に働く仲間と、じっくりコミュニケーションが取れる環境を提供出来た事を喜んでくれる社員が多かったです。 もちろん研修終了後すぐに全ての問題が改善された訳ではありませんが、研修で得た気づきを各々が大切にし、様々な問題に取り組む強さを与えて頂いたと実感しています。

志満 光史 様

富士ゼロックス労働組合
中央執行委員長
志満 光史 様

ビズパワーズ様のビタミンデイズをはじめとした組織活性化プログラムは、企業や組合が組織開発を進める上で、大切な要素が多々盛り込まれていると感じています。

日本企業はグローバル競争力を高める変革や国が抱える社会的課題への対応が続いています。企業内組合としても、社内外の取り巻く環境変化にしっかりと向き合い、これまでの当たり前や過去の延長線上にあるものを疑い、変えるべきものは変え、守るべきものは守る、人と会社がともに成長し続けるための意志をもった取り組みが欠かせません。

組合の軸である運動方針は、労働組合法に基づく組合の本質的な役割・責任を果たすものであるとともに、組合の実体である人や職場のありたい姿、渇望を総意とした形であるべきです。このような思いを強める中で、2013年のAI体験セミナーで柳瀬様とご縁をいただき、その後、弊組の方針策定やグループ従業員組織の交流などで、ご支援いただいております。

ビズパワーズ様のビタミンデイズをはじめとした組織活性化プログラムは、誰もがイキイキと安心して参画できる場が常に意識されており、一人ひとりの夢や志、渇望が引き出されながら、健全なコンフリクトとシナジーによって、組織全体で大切にすべき価値を形にすることができます。企業や組合が組織開発を進める上で、大切な要素が多々盛り込まれていると感じています。

竹田 玄明 様

ヤナセ労働組合
中央執行委員長
竹田 玄明 様

「ビタミンデイズ」は、個の成長から組織活性に繋がるプロセスが分かり易くプログラムされており、何度受講しても新たな気付きを得られる手法だと感じます。

今、私たちの組織が抱える一番の課題は、企業と個人の業績目標が私たちの実績と相まって年々上がる中、組合員による仲間や会社に対する関与の低下だと感じています。また、多くの大企業が過去最高の利益を確保しているとのことですが、そこで働く従業員の全てがやりがいに溢れ、常に前を向いているかといえばそれは否だとも感じます。だからこそ、労働組合は利益に代表される定量的要素ではなく定性的要素、つまり、仲間や企業への信頼が示すような「心の満足」を実現しなければならないと考えます。その理由は従業員の満足と、上司や仲間との信頼関係、そして何より仕事への誇りが企業業績を押し上げることに繋がるからに他なりません。ところが、私たちは地域と社会に守られている労働組合の執行部として、企業と社会の発展に資する人材の育成が私たちの使命であると肝に銘じて活動を行っていますが、なかなか思うようにいきません。

そこで、数年前に出会った柳瀬智雄さまが行うセミナーを自労組でも開催したいと思い、タイミングを計っておりました。縁あって開催できたセミナーでは、新たな気付きを得られるばかりか、組織活性に向けた具体的な手法が織り交ぜられており、気付きから行動に移しづらい私たちにとって大いに参考になりました。「ビタミンデイズ」は、セミナー慣れした人でも、そうでない人でも、気付きから行動に移せるメソッドが満載です。また、自組織内で行えば互いを深く知るチャンスになり、組織の活力向上に繋がる最も魅力的なセミナーの一つだと感じています。(2018年7月)

寺嶋 宏曜 様

医療法人メディエフ
寺嶋歯科医院
理事長・院長
寺嶋 宏曜 様

ビズパワーズ柳瀬氏が行うビタミンデイズは、歯科医院という独特の雰囲気を持った組織に対して明確な変化をもたらしてくれました。

歯科医院は、歯科衛生士、歯科助手など、構成員のほとんどが女性です。専門学校を卒業してすぐに歯科医院に就職し、マナー、コミュニケーション法、働く意義など、通常社会人として学ぶべきものを学ばずして、すぐさま患者様に医療を提供するのが現状です。また、ほとんどの職員が、十年後も同じ内容の仕事をしていることが予測され、他の職業と比較して、「キャリアアップ」という言葉が生まれてこない環境です。すなわち、大多数の職員の気持ちは、「まあ、自分はこんなものかな」という漫然としたものになりがちです。

ビズパワーズのビタミンデイズは、そのような歯科医院のもつ閉塞感、マンネリ感を見事に打ち砕いてくれます。そもそも職員全員に共通して内在しているのは、「人の役に立ちたい・地域の役に立ちたい、そのために医療従事者になった」という気持ちです。ビタミンデイズを重ねていくごとに、その内部に秘められていた気持ちが表在化されていき、自分自身に自信がみなぎり、最終的には自発的に様々なアクションを起こしはじめます。そのプロセスは不思議であるが、明快です。

今後も、ビズパワーズが「ビタミンデイズ」をはじめとしたユニークな取り組みを発信、提供し、歯科医院のやや停滞・閉塞しがちな雰囲気を一気に打ちこわし、歯科医療従事者の本来もつ「人のために役立ちたい」を爆発させ、輝く女性集団を作り上げていかれることに期待しております。

略歴

柳瀬 智雄
柳瀬 智雄YANASE TOSHIO
株式会社ビズパワーズ代表取締役
組織活性化専門経営コンサルタント
中小企業診断士

1966年大阪府生まれ。1989年大阪大学経済学部経営学科(経営組織論専攻)卒業後、トヨタ自動車株式会社を経て、1990年シャープ株式会社に入社。人材育成(営業力強化)、マーケティング戦略企画、Webマーケティング、ビジネスモデル企画運営、広報等に従事。シャープ在職中3年間労働組合支部副委員長(兼務)を経験。2008年中小企業診断士として独立、ビズパワーズ設立。2011年株式会社ビズパワーズ代表取締役に就任。

ビズパワーズ設立後、研修やコンサルティングを約1000回実践してきた組織活性化専門経営コンサルタント。ポジティブな空気感を生みながらやる気を引き出し、徐々に熱い「場」を生み出す「行動に直結する研修」が好評。日本経済新聞社のビジネスフォーラムや日本の人事部HRカンファレンスにも登壇。

著書:お店の「ウリ」を「売上」にする方法(共著)

寄稿:企業実務(日本実業出版社)「本当に役立つ社内研修をプロデュースするための5つの着眼点」

公的資格 経済産業大臣登録 中小企業診断士(登録番号:405331)
主な公的業務歴
  • (社)大阪府中小企業診断協会 理事
  • 大阪商工会議所 登録専門家
  • 兵庫県中小企業団体中央会 登録専門家
  • 滋賀県中小企業団体中央会 登録専門家
  • (独)中小機構 経営支援アドバイザー(~2015年度)
  • (独)中小機構 地域支援ネットコーディネーター(~2014年度)
  • 大阪府「若者向け消費者トラブル被害防止キャンペーン事業」選定委員(2012年)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

06-6948-8855

受付時間 9:30~17:00 祝日を除く月~金